アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

鯉魚潭

更新しました:2019-10-30

3.7万

日曜日:08:30 – 17:30

紹介

スポット攻略法
-4月〜5月は鯉魚潭ホタル鑑賞シーズン
-自転車、ハイキングが最適
-キャンプ、バーベキューでアウトドアを満喫
-モーターボート、手漕ぎボート、ペダルボートで湖面へ
-名物料理「活跳蝦」は必食

鯉魚潭は寿豊鄉池南村、鯉魚山の麓にあります。東に鯉魚山がそびえるため鯉魚潭と命名されました。鯉魚潭は潭南、潭北に分かれます。潭北付近には銅門慕谷慕魚、翡翠谷があり、潭南は「池南森林遊楽園区」等スポットに隣接する花蓮で人気の景勝地。環潭遊歩道、森林遊歩道、キャンプ場があり、休日にはピクニックやハイキングを楽しむ地元の人でにぎわいます。ホタルの繁殖期には、漆黒の鯉魚潭に点々と灯りが点り、学校行事や観光ツアー、または家族でエコツーリズムに親しむことができます。

鯉魚潭エコツーリズム
ホタル鑑賞のベストシーズン:4月〜5月
夜の鯉魚潭では、ヌマガエル、リュウキュウカジカガエル、ラトウチハヤセガエル、タイワンモリアオガエル、スウィンホーハナサキガエル 、ヒメアマガエルなどカエル達の合唱を聞くことができる他、3月〜11月にはホタルを見ることもできます。中でも4月〜5月はタイワンボタルの繁殖期にあたるため、環潭公路では、天気が良ければ、満天の星空のように瞬くホタルの光を見ることができます。

ホタル鑑賞の注意:
1.大声を出したり、ホタルを追いかけたり、捕まえたりしないでください。
2.蚊や虫を避けるため、長袖長ズボンの着用をお勧めします。
3.環潭公路は暗いため、懐中電灯(赤色のセロファン紙で光源を覆ってください)の携行をお勧めしますが、ホタルに光を向けないでください。
4.ホタルの繁殖行動に影響を与えますので、撮影時にはフラッシュを使わないでください。
鯉魚潭
ハイキング、サイクリングで風景を堪能
サイクリングで鯉魚潭一周:約30分
ハイキングで鯉魚潭一周:1〜1.5時間
鯉魚潭には約5kmの「環潭自転車道」が設置されており、湖と山を眺めながらゆったりとサイクリングが楽しめます。標高601mの鯉魚山には数本の森林遊歩道があり、高台にある見晴台からは雄大な中央山脈、奇萊山、花東縦谷を眺めることができ、森林浴、バードウォッチングを楽しむにも、花や風景を眺めるにも絶好のハイキングコースです。
鯉魚潭
ボートで湖を
鯉魚潭では、さまざまなウォーターアクティビティが楽しめます。スワンボートで湖を巡ったら、埠頭の向い側にある鯉魚潭美食商圈をのぞき、ご当地グルメで疲れを癒しましょう。タロイモ、揚げサツマイモ、エビ餅等のB級グルメの他、地元の名物料理「活跳蝦」で鯉魚潭だけの美味に舌鼓です!
鯉魚潭

観光スポット情報

ステータス オープニングの状態

営業時間 日曜日:08:30 – 17:30
月曜日:08:30 – 17:30
火曜日:08:30 – 17:30
水曜日:08:30 – 17:30
木曜日:08:30 – 17:30
金曜日:08:30 – 17:30
土曜日:08:30 – 17:30

チケット 入園無料、ウォーターアクティビティ有料
1.一列二人乗りペダルボート(一艘/1時間) $300
2.二列四人乗りペダルボート(一艘/1時間) $600
3.二列四人乗り電動ペダルボート(一艘/1時間) $800
4.観光船6-10人(一艘/鯉魚潭周遊)一人$100
※以上料金は参考です(実際の料金は現地でお確かめください)

アドレス 台湾花蓮県壽豐郷池南村環潭北路100号(台9丙線の16k付近で東に入る)

電話 +886-3-8641691

ファックス +886-3-8641703

施設

  • ビジターセンター
  • 駐車場
  • 販売部
  • トレイル

旅行時間を推奨

1-3時間

交通情報

旅行のヒント

河川争奪と土砂堆積作用などの現象が、今日の天然ダム「鯉魚潭」を形成しました。地形や生態に興味がある方は、花蓮域内で最大の、この内陸湖へ探索においでください!鯉魚潭には完璧に整備された「鯉魚潭自転車道」があります。午後のひととき、のんびりゆったり自転車の旅をお楽しみください。

Instagram @erv_ig

周辺の観光スポット

続きを
Top