アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

Satokoay (舞鶴)遺跡

更新しました:2018-12-03

1.9万

土曜日:24時間昼夜営業

紹介

Satokoayはアミ族の言葉です。その意味は「家屋の主柱がある場所」、または、「祖霊が存在する神聖な場所」と言い伝えられています。
この遺跡は花東縱谷の秀姑巒渓と紅葉渓の合流地点の西南側一帯、舞鶴台地の北端に位置しています。縱谷の中段部分にそびえ立ち、秀姑巒渓を見下ろしています。見晴らしが良好で、美しい眺めが楽しめます。この遺跡は奥深い歴史をもちます。東部海岸の史前文化である麒麟文化(約3000年前)と花蓮の花崗山上層文化(約2100年前)、そして、地元の静浦文化(約1600年前のもので、またの名を「阿美文化」と称します)から織りなされています。風格のある石柱は現代の人々に多くのことを語りかけています。史前巨石文化の重要なスポットであるだけでなく、古今東西の人々にさまざまなメッセージを投げかけています。




KALALAと石柱の伝説
集落の口承によると、ここはアミ族のKALALAの祖先とされるNakawとSiraの居場所だったと伝えられています。
祖先からの伝承によると、かつて、新しい家屋を建てる際には必ず呪文と祭文を唱えなければならず、唱える間は必ずそれらが一致しなければならなかったとのことです。石柱を建てる時、人々は協力し合い、すばやいスピードで最初の柱を立てました。しかし、二番目の柱を立てる際、半分くらいまで立てたところで別の部族から襲撃を受け、多くの人が殺害されてしまいました。そこで人々は敵を迎え撃つため、作業をしばらくやめ、事態が収束した後に再び柱を立てたと言います。ところが、この時、人々がどんなに祭文を唱えても細部を間違えてしまい、前後の祭文を繋げることができず、柱を再び立てることは叶いませんでした。そうこうするうちに黒雲が天を覆い、砂埃が舞い、雨が狂ったように降り始めました。人々は大地が静けさを取り戻すまで待っていましたが、この時、あらゆる日用品や食器、テーブル、椅子、お皿、器などが石に変わり、木柱まで石柱に変わってしまったと言います。
このため、Kalalaの人々は豊年祭の際には必ず先にSatokoayを訪れ、祖霊を慰める儀式を執り行なうようになったと言われています。


KALALAの祭典と舞鶴石柱の関係

KALALAと石柱は非常に密接な関係があり、祭典の際にはそれが表出されます。まず、豊年祭の前日の晩に青年会長が集落のすべての若者を召集し、頭目の家で豊年祭の祭事について報告します。そして、準備が整ったら、頭目は長老や古老、顧問を招き、部族の人々が祭事に参加します。

 

祭典の一週間前、若者たちは山へ狩猟に、河へ魚を釣りに出かけます。そして、収穫したものをお供え物として貯蔵します。祭典の期間中、女性は会場に入ることや、内部を見たりすることが禁じられています。頭目は集落の長老や顧問を引き連れ、まずはSatokoayを訪れ、祖霊に祭典の準備が終わったことを報告します。若者たちは石柱での報告を終えた後、お供え物を持ってSatokoayへ進み、祭典を執り行ないます。人々は祖霊と意思を通じ合わせ、歌を唱います。祭典は長老たちが十分に執り行ったと感じたときに終了を迎えます。
その後、集落へ戻り、年齢階級の級長や功労があった青年勇士を推挙し、集落の公約などを設けます。頭目が豊年祭の開始を宣言し、青年会会長が青少年を引き連れて、勇士のところまで飛び(pa'komod)、選出した後、女性も踊りの列に加わることができます。
祭典は3日~5日続き、最終日に祖霊を見送る儀式を行います。集落の青年たちは山へ狩猟に、河へ魚釣りに出かけ、収穫した物を部族の人々と分けます。祭典に参加した部族たちの労をねぎらい、感謝すると祭典が終了します。
1.準備2.祖霊を迎える3.祖霊の宴4.娯霊5.祖霊を見送る
これらは千年にわたって続けられ、今も変わりません。

 

 

Sakizayaの石柱の伝説
天の神であるButungが下界に下り、サキザヤ(サキラヤ族)の娘であるSayongに婿入りしました。彼が作ったたくさんのコマを回すと、開墾が完了しました。次ぎに、甘い瓜の種と苦い瓜の種を播くと、甘い瓜の種からはお米ができ、苦い瓜の種からはアワができました。3年後、Butungは家に戻ると言い、Sayongに「天に昇る際には絶対に声を発してはいけない」と言い聞かせました。しかし、Sayongは疲れていたため、思わずため息をついてしまいました。すると突然、はしごが折れ、Sayongは天から地上へ転がり落ちてしまいました。折れたはしごは上部が馬立雲集落付近に落ち、舞鶴のSatokoay石柱となりました。下半分は花蓮市の花崗山に残りました。このため、サキザヤ(サキラヤ)族の人々は掃叭石柱を通る際には口をつぐみ、いかなる声も発してはいけないことになっています。神様を深く敬いながら通らなければならないと言われています。

観光スポット情報

ステータス オープニングの状態

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

アドレス 台湾花蓮県瑞穗郷

電話 +886-3-8872222#103

施設

  • ブリーフィングノート
  • トレイル

交通情報

周辺の観光スポット

続きを
Top