アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

満開の花を今すぐお届け~赤科山で金針花の景色を一望!

更新しました:2020-11-06

2003

毎年夏の暑さの厳しい8月、9月は、まさに花東緃谷の金針花(ワスレグサ)が満開になる季節です。花東縦谷国家風景区管理処(以下「縦管処」)では、人々が開花状況を直接確認できるよう赤科山に高解像度カメラを設置し、中華電信の光ファイバーネットワークを通じて「赤科山の金針花の開花状況」をライブ中継しています。クリアでリアルな情景のモニタリングにより、旅行者のニーズと要望を満たすことを目指しています。また、花を楽しみに訪れる前に参考にできるよう、山の天気や道路状況などもリアルタイムでお伝えしています。

赤科山の面積は広大なため、今回は現地で「ミニスイス」と呼ばれている場所に焦点を当てており、レンズを通して周囲の景色を見ることができます。近くの起伏のある山や丘、鬱蒼と茂る木々、遠くの青空と白い雲のコントラスト、黄金の花の海など、鑑賞しきれないほどのすばらしい景色が広がります。仕事が忙しく直接訪れることができない場合も、リアルタイムのライブ中継を見ることで、山一面に広がる金針花の海の美しい景色による癒し効果を得ることができます。もし、心が動かされたならすぐに行動しましょう。現在、赤科山へ花の観賞に訪れると、玉渓地区農会が心を込めて展開する、アリスをテーマとした「赤科金針仙境漫遊」を見ることができます。金針花の海で童話のシーンが生み出され、旅行者へ豊かな旅行体験を提供しています。

2020年は台湾「脊梁山脈トラベルイヤー」です。赤科山、六十石山の金針花フェスティバルは昔から非常に有名ですが、天候や道路状況が旅行者にとって支障となっていました。そこで、縦管処ではサービスを強化するため、リアルタイムの映像チャンネルを追加。訪れたいと考えている方、訪れる予定がある方、景色に思い焦がれている方など、いつでもカメラ影像を通して花の状況をどなたでも観察し事前準備できるようにしました。花東での秋の美しい風景を一緒にお楽しみください。
Top