アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

交通部観光局花東縦谷国家風景区管理処「先住民集落旅行」が第4回「政府服務賞」を受賞

更新しました:2022-01-03

446

第4回「政府服務賞」の表彰式は2021年12月14日台大医院国際会議センターで開催されました。花東縦谷国家風景区管理処(縦管処)の「一起米86∣縦谷原遊会-先住民集落旅行普及推進計画」は全国120の機関が参加する中、「政府機関のアカデミー賞」とも言われる「政府服務賞」の「社会的関心服務部門賞」を受賞しました。
交通部観光局花東縦谷国家風景区管理処「先住民集落旅行」が第4回「政府服務賞」を受賞
行政院(日本の内閣に相当)の蘇貞昌院長からトロフィーを受け取った縦管処の郭処長は「花東縦谷は台湾で先住民文化が最も多様な地区。観光の発展と先住民集落の伝統文化、暮らしとの間でいかにしてバランスをとって行くかが、我々にとって最大の課題です。これに鑑み、本処は『米86(アミ族語でMi-pa-liu):相互扶助』を中心精神とし、『先住民集落旅行普及推進計画』を策定しました。『いっしょに米86~手と手をつなぎ大地と助け合い共に生きる』を統括戦略として、全方位的な思いやりと助け合いのネットワークを構築しました。
交通部観光局花東縦谷国家風景区管理処「先住民集落旅行」が第4回「政府服務賞」を受賞
2018年より、縦管処は旅のブランド『縦谷原遊会』を始動。まずは『先住民集落文化x絶景/秘境x食卓体験』をテーマに『食卓上の先住民集落旅行』を開始。同年には『Shopping Design-Taiwan Design Best 100』の『地元文化普及推進貢献賞』を受賞。2021年11月には先住民集落の生活体験を軸に据えて企画した『縦谷原遊会』先住民集落観光イベントを始め、『Good Design Award 2021年地域の取り組み・活動賞(Initiative and activity for regional)』を受賞しました。本日さらに政府服務賞の栄誉を受けられたことは、職員一同と地元との長きに渡る努力への評価だと考えています。

縦谷先住民集落の観光ブランドを形成していく過程で、最も重要な理念は『先住民集落のコンセンサス』だと考えました。先住民集落の自主、自己運営を前提とし、先住民集落の文化的伝統が尊重され、観光客の行動が規制される形で、精巧で深身のある先住民集落旅行を開始しました。また『縦谷米86聯盟』の互助を通して、先住民集落と堅固な提携、信頼関係を築き、同時に先住民集落の組織化を指導。より多くの先住民の参画につなげ、長期的な経営が可能な事業体を共に作り上げてきました。先住民集落文化の伝承、維持と同時に、自身の文化と価値への先住民族のアイデンティティを育て、唯一無二の先住民集落生活美学を展開しています。
交通部観光局花東縦谷国家風景区管理処「先住民集落旅行」が第4回「政府服務賞」を受賞
縦管処は今後も米86の互助精神を堅持し、民と公との協力を推進。経済、環境、社会のサステナブルな発展を達成できる第六次観光産業の輪を構築していきます。また、米86の社会への思いやりと互助の方式を、花東縦谷の各地区へと広げ、『East of Taiwan』の地域的な観光面の魅力を形作り、地方を活性化し、パートナー関係を築くことでウィンウィンの効果を実現し、暮らしの向上と豊かさを共に目指していきます」としています。
交通部観光局花東縦谷国家風景区管理処「先住民集落旅行」が第4回「政府服務賞」を受賞

写真

Top