アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

サイクリングで楽しむ鯉魚潭ホタル祭り。2023鯉魚潭ホタル祭りが4月7日に開幕!

更新しました:2023-07-20

1452

2023賞螢banner
交通部観光局花東縱谷国家風景区管理処(縱管処)主催の「2023年鯉魚潭ホタル祭り-火金姑に会いに行こう」イベントが4月7日から5月6日まで毎週金曜、土曜の夜間、鯉魚潭で開催されます。3月20日より公式サイトでのオンライン申込が開始されています。
賞螢活動結合自行車2
縱管処の郭振陵処長によると、国内外からの観光客に多様なホタル鑑賞を楽しんでもらうため、今年は初めてホタル祭りにサイクリングを組み合わせ、4月15日と4月29日限定で「サイクリングで楽しむ鯉魚潭ホタル祭り」と題した鑑賞プランを企画しました。各日20名限定で、電動アシスト自動車に乗りながら、のんびりと鯉魚潭でサイクリングできるほか、藍染体験、採れたて野菜を使用したおまかせ料理などが楽しめます。その後は鯉魚潭に戻り、ガイド付きのホタル鑑賞で1日を締めくくります。参加者は下記から1点、お好きなプレゼントが選べます。(可愛くて実用的な「Oh! Bearサイクルボトル」、「スマホ用ネックストラップ」、「関山香米1キロ」の中から1点)。
無菜單料理
今年もまた、台湾好行縱谷花蓮線が毎週土曜18:00に花蓮ターミナルから発車します。台湾好行「火金姑ホタル祭り専用バス」の料金は120元で、花蓮ターミナルと鯉魚潭を往復でき、イベント会場にてチケット提示でお土産(実用的な「縱谷ホタル鑑賞限定ネックピロー」、「縱谷変形文具セット」、「関山香米1キロ」の中から1点)が受け取れます。
4-5月期間的晚上可以在鯉魚潭賞螢
屋外イベントのため、ご参加の際はボランティアガイドやスタッフの指示に従ってください。安全のため、傘の使用、ハイヒールやつま先の出るサンダルの着用は避けてください。また、ホタルの生態に影響しないよう、懐中電灯に「赤いセロファン」を被せて減光させるなど、光害にご注意ください。安全で楽しく、思い出に残る知的な生態旅行をお楽しみください。
2023賞螢海報

写真

Top