アンカーポイントに移動する アンカーポイント
アンカーポイント

「2023 East of Taiwan 花東観光圈成果展」華山に花東を産地直送 またとない機会をお見逃しなく!

更新しました:2024-01-30

1057

2023 East of Taiwan 花東観光圈成果展
交通部観光署花東縦谷国家風景区管理処(以下「縦管処」)と交通部観光署東部海岸国家風景区管理処(以下「東管処」)が共同で開催する第二回「2023 East of Taiwan花東観光圈成果展」が10月27日から29日まで「台北華山文創園区」の劇場緑地で盛大に開かれます。縦谷区の5大テーマと東海岸の9観光圈ブランドなどのテーマを通して、花東色たっぷりの70数店が、花東の歴史文化風情、クラフト芸術、グルメ、温泉文化、お土産などを直にお届けします。花東直送のまたとない機会に、花東観光の神髄をお楽しみください。
2022成果展活動照片(1)
 
交通部観光署によれば、台湾観光の堅実な成長を促す重要な戦略として、観光圈を地元産業とつなぐことで区域観光ブランド色を強く打ち出し、さらに豊富なコンテンツ、さらに時代にマッチしたトレンドを提供するとのことです。特に東部地区は台湾らしい自然と歴史文化が息づいています。観光署が所轄する二つの国家風景区管理処が提携し、「East of Taiwan」の区域ブランドを打ち出し、食、宿、観光、ショッピング、アクティビティなどのリソースをつなぎ、観光の魅力となるスポットライトを創造。国内旅行を深化させ、海外市場へ積極的に売り込み、また、地元の観光産業チェーンを確立することで、観光経済圏を活性化させていきます。
美好花生(2)
 
今年、東部海岸観光圈は「探索東海岸」をブランドテーマとし、交通に特化したスマートマッチングな旅の選択肢「ライドシェア東海岸」初めてを打ち出しました。観光客はLINEに友達追加するだけで、車を予約でき、花東の交通の拠点、玉里駅と台東駅から旅に出発できます。観光地までのアクセスに悩む必要は、もうないのです。花東の現地レンタルブランド「TR9」も電動アシスト自転車を使った緑島旅行を紹介しています。今年、観光圈は蘭嶼地区まで範囲を拡大しました。野銀先住民集落の「蘭島前行者」が海の香りあふれるタオ族ギフトを持ち込み、タオ族色たっぷりのツアーをご紹介します。花東縦谷では、今年度、注目スポットのリノベーション成果も発表します。花蓮鳳林のスローシティ文化を代表する「美好花生」は、古法に則り作られた数々の美味に、まったく新しいパッケージを組み合わせることで、製品に新しい命を吹き込みました。「緑点酒荘」では台湾女性と家庭を持ったドイツ人男性の醸造技術で、ワスレグサを酒に入れ、またワスレグサのスパークリングドリンクを作りました。「縦谷米楽遊」に属する「金喜レモン」は、花蓮玉里の自家栽培無農薬レモンにより、人、集落、土地をつなぎ、暮らしに喜びをもたらしながら、日常における誠実さ、日々のなにげない美しさを伝えています!
共乘東海岸(東管處提供)
綠點酒莊(1)
 
今年度は三日間のイベントに、シンガー、ダンスグループ、バンドが花東から参戦します。屋内のハンドクラフト展示エリアでは、花東独特の香りをテーマに、「花東香味」と題して縦谷田園の米の香り、ハーブの香り、東海岸の海岸の香り、酒粕の香りを表現します。県道193号線沿いの「松浦精米工場」では精米工程から米を使った料理の作り方までを紹介し、焼きおにぎりでご飯の香りに対する懐かしい思いを味蕾に残します。瑞穂の「果子俠農創果品」では、ハーブに関するあれこれを伝え、ハーブビネガー作りを通して、植物が持つストレス緩和のヒーリング力に触れます。「東河大風吹」の「祥銓農創」では、東海岸の香りをテーマに、自分だけのオリジナルエッセンシャルオイルを手作りしていただけます。アミ族の伝統的な酒粕技法を復活させた豊浜鄉「稲味醸」では、麹つくりに使う植物を紹介し、会場で伝統の酒粕作りに挑戦。先住民集落独特の酒の香りに触れられます。これら体験教室の参加券は10/13より🔗Accupass👈で販売しています。
綠島夜間觀星(東管處提供)
 
展示エリア内で一定額のお買い上げをいただければ、人気店の話題の商品をプレゼント。さらに抽選に参加してビッグな景品がもらえるかもしれませんよ!
 
花東の観光ツアーと最先端の遊び方については、🔗「East of Taiwan花東観光圈旅遊プラットフォーム」👈、またはスマホで🔗「花東観光圈モバイルサービス」👈をご覧ください。山であろうと海であろうと、食、宿、観光、ショッピング、アクティビティであろうと、豊富な観光資源、イベント、アクティビティに必ずやご満足いただけることでしょう!
蘭嶼拼板舟體驗(東管處提供)
 
徐行縱谷單車+練習曲

写真

Top