字級設定可用瀏覽器之檢視/字型縮放,其餘功能不影響正常瀏覽
:::ホーム > 縦谷の美 > 地質地形

地質地形

地表に残る地質変動の痕跡
花東峡谷は中央山脈と海岸山脈の間にある細長い谷です。ここはユーラシアプレートとフィリピンプレートがぶつかり合った結果、形成されました。

花蓮渓と秀姑巒渓、卑南渓など三大水系は網の目状になっており、その源流は海拔2、3千メートル級の高山にあります。これらが峡谷や滝、温泉、曲流、河岸段丘、扇状地、断層など特殊な地質を形成し、独特な自然景観を生みだしているのです。


中でも滝に関しては、螺仔渓の上流にある羅山瀑布が高さ65メートルの壮麗な景観を誇ります。断層について言えば、瑞穂断層が代表的なものでしょう。瑞穂断
層は掃叭河岸段丘の東北方向に位置し、またの名を「掃叭断層」とも呼びます。不連続な地層とほぼ直角のレキ岩層からなります。


利吉月世界は最も特殊な地形です。もともとは海底に堆積していた地層がプレートの変動により地表に露出したもので、地質は柔らかく、長期に渡る雨水の浸食により、ノコギリの歯のような無数の溝ができています。
渓流と大地の変奏曲  
花蓮渓、秀姑巒渓、卑南渓の三大水系
花東峡谷の生命源である河ですが、花蓮渓、秀姑巒渓、卑南渓の三大水系が峡谷の北部、中部、南部を流れています。この三大流域はかなりの広さで、巨大な水路を構成しています。渓谷の景観を豊かにするだけでなく、人々の暮らしも支えています。


これらの河川のほとんどは高く聳える中央山脈に源を発し、迂回や切断、合流を行い、温泉や滝、池、峡谷、扇状地、河岸段丘など、息を呑むような自然景観を形成しています。


高山渓流は大水になった時に、大量の砂や石を運び、渓谷をV字型に浸食します。秀姑巒渓はその典型的な例です。海岸山脈の大港口層は海洋沈殿物に属し、地質が柔らかく、浸食を受けやすいです。その昔、秀姑巒渓は下流で海岸山脈を浸食し、壮麗な峡谷を切り出し、同時に花蓮渓の流れをも奪い、現在の秀姑巒渓を形成しました。ラフティングボートに乗られた際には、こうした美しい両岸の景観も観賞してください。新武呂渓でも似たような現象が起こっており、南部横貫公路上にはたくさんの峡谷や断崖が眺められます。


河岸段丘は河川によって土砂が堆積したり、逆に削られたりしでできた地形です。河川が上流から大量のレキ岩を運ぶと、河床は次第に堆積していきます。その後、この付近で地殻上昇が起こると、それによって浸食が行われ、今の河床よりも下に向かって新たな河川の流れができます。古い河床は新しい河床よりも高い位置にあり、これが何度も繰り返され、河岸段丘が形成されていきます。
山奥に掛かる美しい繻子
また、中央山脈の東側から発した三大水系の支流は、勢いがあり、地形も急なため、断層で壮観な滝の景観を形成します。垂直距離で数キロでも落差が大きいため、かなりの迫力があります。


富里の羅山瀑布や鳳林の鳳凰瀑布などが代表的なもので、行楽客の目を楽しませています。

羅山瀑布や鳳林の鳳凰瀑布
山河に伝わる昔話  
利吉層照片 利吉特殊景観に見られるような「惡地」(badland)と呼ばれる地形は、地表が強力な浸食を受けてできたものです。無数の深い溝ができた崖のような地形で、農作業には適しません。利吉層は海岸山脈の南端に広範囲に広がっており、台東市付近から海岸山脈に沿って安通温泉付近の楽合まで、約70キロに渡って分布します。これが露出しているのが台東市から北に約 8キロ離れた利吉村です。


利吉層は主に巨大な泥質沈積物によって構成されています。濁流が沈積してできた砂岩とケツ岩、泥岩によって構成されている交互層です。利吉層の最大の特徴は露出した部分が粘土質泥岩に属し、複雑な均質で外来の岩も多く含まれていることとされています。
 

版権所有者:交通部観光局花東縦谷国家風景区管理所
管理処本部 住所:〒978-44 花蓮県瑞穂郷鶴岡村17隣興鶴路2段168号花東縦谷国家風景区管理所(新しいウィンドウズを開きます) 
電話:886-3-887-5306 ファクス:886-3-887-5358
鯉魚潭管理所 住所:〒974-45 花蓮県壽豊郷池南村環潭北路100号 電話:886-3-864-1691 ファクス:886-3-864-1703
羅山管理所   住所:〒983-45 花蓮県富里郷羅山村9隣東湖39号   電話:886-3-8821725  ファクス:886-3-8821464
鹿野管理所 住所:〒955-41 台東県鹿野郷永安村高台路46号 電話:886-8-9551-637 ファクス:886-8-9551-466
営業時間:08:30~17:30          フリーダイヤル:886-800-000115
推奨環境:IE9.0+、スクリーン解析度1024*768での閲覧をおすすめいたします