字級設定可用瀏覽器之檢視/字型縮放,其餘功能不影響正常瀏覽
:::ホーム > 縦谷スポット > 台東県 > 利吉特殊景観と小黄山

利吉特殊景観と小黄山

 利吉特殊地形は台東市北郊外の卑南渓岸辺に位置します。雨によって浸食された不毛の山壁です。ここは「台東の地質国宝」とも称せられる利吉混同層に属します。


利吉混同層は極細の泥岩顆粒から形成されており、その中には雑多な粘着性のある鉱物も含まれています。これら鉱物は親水性や通気性がよくないため、雨水は地表に沿って浸食し、雨蝕溝が形成されています。これらが進行した結果、ノコギリの歯のような風貌の特殊地形が生まれたのです。ここにはススキやギンネム、相思樹、ハウチワノキといった植物が棲息しており、それらの大半は堆積した大量の土砂の下層で生長したものです。カイノキや台湾蘆竹といった植物は雨蝕溝の上方に棲息しています。


花東縦谷国家風景区管理所はここに涼み台や木の桟道、解説版などを設けました。木の桟道に沿って利吉特殊地形を進むと、まるで天然の地質展示ギャラリーを歩いているかのようです。数千万年前に埋蔵された深海の沈殿物が、今も生きているかのように現れる光景は、かなり強烈なインパクトを与えます。


利吉特殊地形と卑南渓を隔てて向かい側にある山のふもとには、約2キロに渡って断崖景観が続いています。これは中央山脈末端の卑南礫岩が雨水によって浸食形成されたもので、俗称「小黄山」と呼ばれています。フィリピンプレートに属する利吉特殊地形と異なり、卑南礫岩はユーラシアプレートの一部に属します。これら二つのスポットを訪れれば、フィリピンプレートとユーラシアプレートの地質運動を観察することができます。

豆知識:
利吉特殊地形は地質学上の正式名称を「利吉混同層」と言います。これは泥岩基質の中に、大小さまざまな外来の岩が混じり込んだ地層です。主に海岸山脈の南端から玉里安東温泉付近まで分布しています。全長は約70キロで、幅は約1~2キロです。台東市利吉村に位置する利吉特殊地形は、利吉混同層の中でも最も大きく露出した部分です。利吉混同層はもともと海底に堆積していた泥層で、フィリピンプレートとユーラシアプレートがぶつかって押し上がった結果、地表に現れたものと言われています。しかし、その成り立ちや地質変化の過程には多くの疑問点があり、学術界ではいまだに最終的な結論は出されていません。

 

 米宝宝の便利メモ
連絡先
住所:台東市北郊卑南溪畔

マップ

版権所有者:交通部観光局花東縦谷国家風景区管理所
管理処本部 住所:〒978-44 花蓮県瑞穂郷鶴岡村17隣興鶴路2段168号花東縦谷国家風景区管理所(新しいウィンドウズを開きます) 
電話:886-3-887-5306 ファクス:886-3-887-5358
鯉魚潭管理所 住所:〒974-45 花蓮県壽豊郷池南村環潭北路100号 電話:886-3-864-1691 ファクス:886-3-864-1703
羅山管理所   住所:〒983-45 花蓮県富里郷羅山村9隣東湖39号   電話:886-3-8821725  ファクス:886-3-8821464
鹿野管理所 住所:〒955-41 台東県鹿野郷永安村高台路46号 電話:886-8-9551-637 ファクス:886-8-9551-466
営業時間:08:30~17:30          フリーダイヤル:886-800-000115
推奨環境:IE9.0+、スクリーン解析度1024*768での閲覧をおすすめいたします