字級設定可用瀏覽器之檢視/字型縮放,其餘功能不影響正常瀏覽

プユマ族

南方の守護神
分布地域
プユマ族は知本、建和、利家、泰安、初鹿、阿里擺、下檳榔、南王という主に8つの集落に分かれています。最近では人口の移動や増加により、台東市寶桑里の「巴布魯」やもともと初鹿に属していた「龍過脈」(人口増加のために新しくできた明峰村)にもプユマ族が暮らしており、現在は10の集落となっています。これらの集落はその他原住民族と密接に接しています。北はアミ族、ブヌン族、西はルカイ族、南はパイワン族となっています。花東峡谷と直接関係のある集落は、南から下檳榔、阿里擺(またの名を上檳榔)、初鹿と龍過脈が挙げられます。これら4つの集落は台九号線公路上に点在しています。地理的位置から言えば、プユマ族集落はちょうど花東峡谷の南端にあたります。 
プユマ族
人文特色
人文的特色
プユマ族は東台湾で大きな影響力をもっていました。これは彼ら特有の社会制度と密接な関係があります。プユマ族では家庭の中では女性が重要な地位を占め、大きな責任を担っています。このため、男性は家の外で集落の安全を守ることに専念できました。(男子の集会所は古代では軍事や学習、議事を行う行政の中心でした。プユマ族の男性は一生ここと繋がっています)。また、年齢階級の規範を非常に重視しており、この規範に従って階級が上がっていきます。プユマ族の社会は、人類学者により年齢階級が混在した母系社会と言われています。
プユマ族の男子の成長過程は大きく四つの段階に分かれます。
1.

過酷な訓練が行われる少年期
(約12-13歳から17-18歳)。

2.

心身共に厳しい鍛錬が行われる青年期
約17-18歳から20-21歳)。

3.

家族をもつことができ、家族と部族を守る責任を実行する時期
(約20-21歳から)。

4. 豊富な人生経験と成熟した判断力から政策を決める責任を負う長老の時期。

この四つの階級では、それぞれ異なる訓練や責任があり、厳格に分かれています。それらは、住居や行動、礼儀、服装など生活にも反映しています。女子に関しては厳格な階級はなく、年齢に従って結婚します。以前は15、16歳で成年の男子と結婚し、育児や家事を行っていました。
信仰と宗教 
プユマ族の社会では伝統的な宗教が盛んで、現在も巫女が病気を治したり、悪魔払いを行ったりします。
行事祭典 
プユマ族は伝統的に農作と狩猟の両方を重視する社会で、彼らの信仰と祭儀もこれらと深く関係しています。農作業方式の変遷により、儀式の中にはすでに行われないものもありますが、今でも以下のような年中行事が行われています。

3、4月に挙行される、プユマ族特有の女性の祭儀 「アワ除草祭」(あるいは除草が完了したことを祝う儀式とも言われます)。
アワの収穫時には一般的に豊年祭が行われますが、現在では必ずしも各集落で行われているとは限りません。

7月はアワを収穫し、倉庫に収めた後、「感恩祭」(人によっては「海祭」とも言います)を行います。この祭りは今では南王集落だけで行われ、男性を主体とした祭儀です。
プユマ族の「サル祭」と 「収穫祭」は広く知られています。各集落では年末に行われるため、「年祭」とも呼ばれています。この祭りは男子の戦闘能力を訓練するだけでなく、成年式や喪明けの儀式も含まれています。プユマ族は作物の収穫が天地と深く関係すると考えており、各農業儀式では天を敬います。また、各狩猟の祭儀では祖霊に感謝し、過度の乱獲は行いません。
プユマ族行事祭典

版権所有者:交通部観光局花東縦谷国家風景区管理所
管理処本部 住所:〒978-44 花蓮県瑞穂郷鶴岡村17隣興鶴路2段168号花東縦谷国家風景区管理所(新しいウィンドウズを開きます) 
電話:886-3-887-5306 ファクス:886-3-887-5358
鯉魚潭管理所 住所:〒974-45 花蓮県壽豊郷池南村環潭北路100号 電話:886-3-864-1691 ファクス:886-3-864-1703
羅山管理所   住所:〒983-45 花蓮県富里郷羅山村9隣東湖39号   電話:886-3-8821725  ファクス:886-3-8821464
鹿野管理所 住所:〒955-41 台東県鹿野郷永安村高台路46号 電話:886-8-9551-637 ファクス:886-8-9551-466
営業時間:08:30~17:30          フリーダイヤル:886-800-000115
推奨環境:IE9.0+、スクリーン解析度1024*768での閲覧をおすすめいたします