字級設定可用瀏覽器之檢視/字型縮放,其餘功能不影響正常瀏覽

赤柯山

 日本統治時代初期、赤柯山は赤柯樹を産することで知られていました。日本人は赤柯木材を伐採し、日本に運び銃床の材料として用いました。戦後は西部から大勢の漢民族たちが移り住むようになり、とうもろこしやピーナッツ、サツマイモなどが植えられました。後に金針花が植えられるようになり、 50年におよぶ開墾時代を経て、はげ山であった赤柯山は、一面金針花が広がる景勝地に生まれ変わりました。
 

 金針花の品種は多く、高山地区で植えられるものが優れていると言われます。海抜約900メートルの赤柯山は気温が低く、金針花の生長速度はやや遅めです。しかしその分雲や霧が充分な水蒸気をもたらし、また生長に適した赤土の土壌であるため、ここで産出された金針花は風味豊かな味わいとなっています。金針花は多年生植物で、現在赤柯山の金針花の多くは数十年前に植えられたものです。普段は定期的な除草、肥料の散布を行うだけで、手間はかかりません。毎年8~9月の開花シーズンになると、農家では一家総動員で、収穫、日干し、乾燥などの作業にあたります。


数年前からは美しい満開の景色が知れ渡るようになり、大勢の観光客が訪れるようになりました。ここはオレンジ色の金針花の海だけでなく、そのほか「赤柯三景」と呼ばれる独特な自然景観も楽しめます。金針花畑に浮かぶ三つの黒い火成岩と奇抜な形をした千噸石亀です。そのほか、築 40年の汪家古厝も一見の価値があります。


汪家古厝は伝統的な閩南式の木造三合院住宅です。烏心石や台湾ケヤキおよび赤柯木などの上等な木材によって建てられており、赤柯山で現存する最古の民家です。これは1960年前後に汪老氏という有名な木工師を嘉義から特別に招いて建てたものです。汪家古厝を訪れれば、部屋に置かれた生活道具や農具を通して、かつての赤柯山居民の暮らしを知ることができます。

 

赤科山導覽圖

 

 米宝宝の便利メモ
連絡先
住所:花蓮県玉里鎮観音里高寮(台9号線を287キロ地点で東側に曲がる)
 

 

マップ

版権所有者:交通部観光局花東縦谷国家風景区管理所
管理処本部 住所:〒978-44 花蓮県瑞穂郷鶴岡村17隣興鶴路2段168号花東縦谷国家風景区管理所(新しいウィンドウズを開きます) 
電話:886-3-887-5306 ファクス:886-3-887-5358
鯉魚潭管理所 住所:〒974-45 花蓮県壽豊郷池南村環潭北路100号 電話:886-3-864-1691 ファクス:886-3-864-1703
羅山管理所   住所:〒983-45 花蓮県富里郷羅山村9隣東湖39号   電話:886-3-8821725  ファクス:886-3-8821464
鹿野管理所 住所:〒955-41 台東県鹿野郷永安村高台路46号 電話:886-8-9551-637 ファクス:886-8-9551-466
営業時間:08:30~17:30          フリーダイヤル:886-800-000115
推奨環境:IE9.0+、スクリーン解析度1024*768での閲覧をおすすめいたします